日本の農薬使用量は世界トップクラス!?無農薬野菜を選ぶ重要性

日本の農薬使用量は世界トップクラス!?無農薬野菜を選ぶ重要性 健康

近年の健康ブームによって、野菜を多く摂るようにしている方は少なくありませんが、国産野菜を食べれば食べるほど不健康になっている危険性は知っておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、日本の農薬使用量は世界トップクラスだからです。

もちろん野菜に含まれる栄養素は大事なものですが、ファミレスのサラダバーやコンビニのサラダなど、比較的安価に購入できる野菜は世界トップクラスの農薬が使用されている可能性が高いので、野菜の栄養を摂ると同時に「薬害」のリスクもとっていることになります。

子供や家族の健康を守れるかは、食材を選ぶ人の知識と判断力にかかっています。大切な家族の健康を守るために農薬に関する知識を身に付け、無農薬野菜を選択する判断力は重要だと思います。

農薬の危険性

日本の農薬使用量は、中国に次いで世界ワースト第2位と言われています。

私たち日本人は、それだけ多くの農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤など)が使用された野菜を日常的に食べているということです。

残留農薬の危険性は、「発ガン」、「うつ病」、「アレルギー」、「発達障害」、「アルツハイマー」などが指摘されており、世界では農薬の使用量を減少させる動きになっているにも関わらず、日本での農薬使用量は規制されていない、むしろ規制緩和されているのが現状です。

農薬使用量に対して、日本政府が規制強化しないのであれば、私たち国民ひとり1人が農薬に対する意識を高めない限り、自分の大切な家族を守ることが出来ないということですよ。

農薬の危険性は自分で判断するしかない

農薬の危険性には賛否あり、「農薬は危険」という人と「農薬は安全」という人がいます。これはファクト(事実)を判断材料にし、自分で判断するしかありません。

例えば、「農薬は安全ですよ」と言っている人や企業は誰でしょうか。おそらく農薬使用量が増加することで得をし、減少することで損をする人たちではないでしょうか。農薬を販売している会社は「農薬は危険です」とは言いません。「農薬は安全です」と言うでしょう。

農薬が安全なら、なぜ世界的に農薬使用量や残留農薬規制が強化されているのでしょうか。日本の農薬使用量は世界トップクラスなのに、なぜ「安全」だと断言できるのでしょうか。農薬使用量と年々増加している「がんの罹患数と死亡数」が無関係であると言い切れないと思います。

がんの罹患数と死亡数

また、農家さんの中には、「売れるためには美しい野菜(虫食いがない・形が整っているなど)を出荷したいから農薬が欠かせない。しかし、自家消費する野菜は農薬が怖いから無農薬野菜を別の畑で作っている。」という農家さんもいます。

農家さんも農薬の危険性は分かっているはずです。しかし、欧米と比較して温暖な気候の日本では病害虫が発生しやすいため、農薬を使用しなければ生産性が激減し、日本国内の野菜は流通しなくなるでしょう。

私は農薬を使用している農家さんを非難しているわけではありません。日本は農薬使用量や残留農薬規制が緩い国なので、農薬の危険性に関する正しい知識を身に付けて、無農薬野菜を選ばないと大切な家族を守ることが出来ないということですね。

無農薬野菜の無料お試し定期コース


まとめ

以上、無農薬野菜を選ぶ重要性についてでした。

現在、日本の農業は「担い手不足から農業従事者の減少」、「食料自給率の低下」、「耕作放棄地の増加」、「海外から輸入される安価な農産物」など様々な問題があります。

これは個人で解決できるような問題ではないため、農薬を使用している農家さんを非難することは誰にも出来ません。

ただ、日本の農薬使用量は世界トップクラスですが、「農薬を使用して栽培された安価な野菜」か、「高価だけど無農薬で栽培された野菜」を選択する権利がまだ私たちには残されているのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました