日本の食品添加物は世界一!?健康を害する人体の影響と危険性!

日本の食品添加物は世界一!?健康を害する人体の影響と危険性! 健康

「食品添加物を摂取したくないから田舎暮らしをしたい」という方は少なくありません。というのも、日本の食品添加物の許可数は世界一位であり、健康を害する人体の影響と危険性を考えると、都会より田舎のほうが食品添加物のリスクを軽減できるからです。

日本で許可されている食品添加物は、約1500種類!

この許可数はダントツ世界1位であり、世界の先進国と比較してみても、日本の食品添加物の許可数は「異常」といえるのかもしれません。

  • アメリカ:133種類
  • ドイツ:64種類
  • フランス:32種類
  • イギリス:21種類

私は食品添加物の専門家ではありませんが、「世界的に禁止されている多くの食品添加物が日本では許可されている」と考えるだけで、日本で使用されている食品添加物に疑問を感じます。

もちろん、すべての食品添加物が有害であるとは限りませんが、食品添加物の許可数が世界一位の日本で生活している以上、食品添加物に対する認識を深めておく必要があるでしょう。

食品添加物とは?

食品添加物とは、pH調整剤、着色料、甘味料、保存料、香料など、食品の加工や保存を目的として使用される添加物のことです。

食品添加物の種類は他にも、消泡剤、離型剤、豆腐用凝固剤、膨張剤、かんすい、乳化剤、ゲル化剤、安定剤、発色剤、漂白剤、酸味料、苦味料、調味料、ビタミンやミネラルの添加剤、酸化防止剤、防カビ剤、日持ち向上剤、殺菌剤など様々です。

その有効性と安全性を科学的に評価し、厚生労働省によって承認されたものだけが食品添加物として使用を許可されます。

「厚生労働省が認めてるなら大丈夫なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、日本は食品添加物の許可数が世界一位ということを世界基準で冷静に考えてみると、厚生労働省の承認基準は甘いのではないかと思います。

食品添加物の目的は、「食品を長持ちさせる」「色形を美しく仕上げる」「味を美味しくさせる」「生産コストを下げる」などですが、これは私たち消費者にとってのメリットより、生産者や製造者、販売者にとってのメリットが大きいのではないでしょうか。

日本は資本主義の国ですから、食品添加物を用いて消費者の購買意欲を掻き立てるやり方は普通のことですが、商品の裏に記載されている食品成分を見ても分かるように、スーパーやコンビニで食品を購入する私たち消費者は多くの食品添加物を摂取しているため、食品添加物が人体に悪影響を与える危険性を知っておく必要があるでしょう。

食品添加物が人体に悪影響を与える危険性

すべての食品添加物が人体に悪影響を与えるわけではありませんが、特定の食品添加物に関してはその危険性を危惧している医師や専門家は少なくありません。

食品添加物が人体に悪影響を与える危険性

食品添加物の危険性としては、発がん性、脳腫瘍、記憶障害、肝機能障害、うつ病、不妊症などがあるとされ、危険な食品添加物を摂ったからといって直ぐに症状が現れるわけではなく、日々摂取する微量の食品添加物が体内に蓄積されて数年から数十年後に症状が現れるといわれています。

先ほども言いましたが、私は食品添加物の専門家ではありませんし、どれほどの危険性があるのか分かりません。

しかし、食品添加物が人体に悪影響を与える危険性が「1%」でもあるのなら、自分や自分の大切な家族の健康を守るために、食品添加物に対して無関心になるべきではないと考えています。

食品添加物の種類は多く、何を避けたら良いのか分からないという方もいるでしょう。次の動画は管理栄養士さんが「これだけは避けたい食品添加物」を紹介して下さっています。

防カビ剤としてポストハーベストで使用される「イマザリル」、「チアベンダゾール(TBZ)」、「オルトフェニルフェノール(OPP)」など、人工甘味料として使用される「アスパルテーム」、「アセスルファムK」、「スクラロース」など、発色剤として使用される「亜硝酸ナトリウム」は特に要注意ということです。

食品添加物をなるべく避ける対策と上手な付き合い方

「食品添加物は身体に良くない」といっても、現代の日本人にとって完全無添加の食生活は不可能ですから、食品添加物をなるべく避けるような対策をし、食品添加物と上手に付き合っていく必要があります。

裏に記載されている食品成分ラベルを確認する

食品を購入する際、裏に記載されている食品成分ラベルを確認するのは重要です。

食品添加物の名前をすべて覚える必要はありませんが、食品成分を確認する癖を身に付け、食品添加物が入っていないもの、または少ないものを選ぶようにしましょう。

ちなみに食品成分や原材料名は、一番多いものから順番に書くように定められていますから、食品添加物が書かれている順番も確認し、上に書かれているほど多い、下に書かれているほど少ないと判断することができます。

加工度の低いものを選ぶ

食品は加工すればするほど食品添加物の種類や量が増えますから、食品を購入する際は、なるべく加工度の低いものを選ぶようにしましょう。

先ほどの動画の中でも仰っていたように、例えば、お米を買ってきて自宅の炊飯器で炊けば添加物ゼロの「ご飯」ですが、スーパーやコンビニで売られている冷凍ピラフやおにぎりになると、「調味料(アミノ酸等)」や「グリシン」などが添加された食品になってしまいます。

まとめ

以上、食品添加物についてでした。

食品添加物の許可数が世界一位の日本でも、自給自足であれば完全無添加の食生活は可能でしょうけど、現代社会において自給自足は難しく、スーパーやコンビニを利用するのが一般的です。

ただ、食品成分を確認する癖がある方はご存知かと思いますが、スーパーやコンビニで販売されている食品の全てに食品添加物が使われているといっても過言ではないため、自分や自分の大切な家族の健康を守るためにも食品添加物とは上手に付き合っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました