二段階移住とは?高知の二段階移住(すてっぷ移住)が素晴らしい

二段階移住とは?高知の二段階移住(すてっぷ移住)が素晴らしい 田舎移住

高知県には移住希望者向けに「二段階移住(すてっぷ移住)」という移住制度があり、私のように田舎移住を検討している人にとっては素晴らしい制度に思います。

二段階移住とは何か、これから移住を検討している人にご紹介します。

高知県の二段階移住とは?

高知県の二段階移住

高知県の二段階移住の場合、高知県外在住の方で、高知県内での二段階移住を考えている方に、一段階目の移住・滞在となる高知市へのお試し移住費用等を補助する制度です。

田舎に移住したいと思っても、移住先を一発で決めてしまうのはリスクが高いため、まずは一段階目として比較的都市部に移住した後、二段階目に自分が本当に住みたい場所に移住するという方法です。

  1. まずは移住したい都道府県の都市部に移住する
  2. その都市部を拠点に移住先を探し、自分に合った場所に移住する

これが二段階移住です。

高知県の場合、この二段階移住に補助金があり、「お試し移住費用」を最大20万円、「レンタカー費用」の最大2万円を補助があります。

田舎移住を検討している者としては素晴らしい制度だと思います。

補助金の出る移住制度や移住サポートを行っている自治体は多いですが、二段階移住のサポートをしてくれるのは今のところ高知県だけでしょうか。

二段階移住は必要か?

前述した通り、高知県に移住する場合は二段階移住の制度を活用できるのですが、私のように九州(大分・宮崎・鹿児島・熊本・長崎・佐賀)で移住先を探していて、二段階移住のサポート制度が無い自治体の場合はどうでしょうか。

結論からいうと、二段階移住は自費でも必ずしたほうが良いと私は思っています。

Uターン移住などで、移住先の土地柄をよく知っているという場合は、二段階移住の必要性は無いと思いますが、何度か足を運んだことがある程度で実際に住んで生活したことが無いような移住先なら絶対に二段階移住はするべきだと思います。

土地勘もなく土地柄も知らない場所にいきなり移住するのは危険行為です。

例えば、「のんびり生活したいな」と思って移住したら人付き合いや人間関係が大変だったとか、ある程度の不便は覚悟してたけど予想以上に不便だったとか、「素敵な場所だと思って移住したらもっと素敵な場所が近くにあった」など、そのようなリスクを軽減するために、二段階移住は必要だと思っています。

今のところ二段階移住の制度がある九州の自治体は無いようなので、私たちは一段階目は比較的都市部に半年~2年間ぐらい住んでみて、その期間に自分たちが本当に住みたい場所を探したいと思っています。

まとめ

以上、二段階移住についてでした。

高知の二段階移住サポート制度は、移住希望者が移住に失敗しないように考えられた本当に素晴らしい制度だと思いますね。高知以外の自治体でもぜひ検討して頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました