平戸に移住したい!長崎県平戸市を移住先の候補の1つにする理由

平戸に移住したい!長崎県平戸市を移住先の候補の1つにする理由 田舎移住

前回、「平戸のサムソンホテルに宿泊!夕食と朝食のバイキングが美味い!」という記事を書きましたが、長崎県平戸市は山あり海ありの自然豊かな場所で移住先の候補として魅力的です。

田平から平戸大橋を渡ると平戸島、平戸島から生月大橋を渡ると生月島となっており、平戸城周辺から離れるにつれて田舎になるような感じなので、“どの程度の田舎暮らし”をしたいかによって移住する地域を選択しやすいのも魅力です。

長崎県平戸市を移住先の候補の1つにする理由についてお話します。

平戸に移住したいと思う理由

平戸に移住したいと思う理由

自然豊かな環境で暮らせる

平戸島や生月島は海に囲まれた「島」なので海が近いというのが魅力の1つです。海だけでなく、山や田畑も多いため自然豊かな環境で暮らしたい人には最適です。

また、平戸には絶景ポイントが多く、「川内峠」や「サンセットウェイ」などをドライブするのも気持ち良さそうですし、「根獅子」という美しい砂浜、国の重要文化的景観になっている「春日の棚田」など、日常生活の中で美しい風景を楽しみながら暮らしてみたいものです。

食べ物が新鮮で美味しい

平戸市全体が漁農村ですから、新鮮な海産物や農産物を購入しやすいでしょう。

特に海鮮は団扇海老、活きイカ、トビウオ、地タコ、アワビ、伊勢海老、アジ、イサキ、カンパチ、サバ、メジナ、マグロなどが有名で、季節によってはヒラメやクエ(あら)などが水揚げされるようです。

また、最近知ったのですが、平戸では「平戸和牛」という和牛が有名のようで、まだ食べたことがないので一度食してみたいと思っています。

先日、生月島の飲食店でお刺身定食を頂いたのですが、都会の飲食店とは比較にならないほど新鮮で非常に美味しかったです。そして、「この値段でこんなに!」というほどお刺身の量が多くて、とてもお得感がありました。

温泉がある

平戸には、平戸温泉、千里ヶ浜温泉、平戸たびら温泉、田の浦温泉などがあり、日帰り温泉を楽しむことができるでしょう。

平戸島は南北に約45km、北から南までは車で1時間以上かかると言われていますが、日帰り温泉だったら美しい景色を楽しみながらドライブ感覚でいけるでしょう。

世界遺産や歴史史跡が多い

平戸には「中江ノ島」や「春日集落(かたりな)」、「安満岳」という世界遺産があり、そのような土地で暮らしてみたいです。

また、平戸はキリシタンや平戸藩主松浦家、西洋貿易、豊臣秀吉の朝鮮出兵、倭寇、元寇などの歴史と関わりが深いため、そのような歴史史跡や博物館が多く、改めて歴史を学んでみるのも楽しいかと思います。

地震や津波のリスクが低い

移住する際に考えておかなければいけないのが「地震リスク」ですが、平戸は活断層が無いため「断層型地震」のリスクが低く、ユーラシアプレートの上に位置するため「海溝型地震」のリスクも低く、平戸周辺には活火山も無いため「火山性地震」のリスクも低いでしょう。

そのため過去のデータ(2011年1月~2020年6月25日)から見ても、長崎県の地震回数は少なく、地震や津波のリスクは低いと考えられます。

まとめ

平戸に移住は空き家バンク

以上、長崎県平戸市を移住先の候補の1つにする理由についてでした。

平戸は本当に素晴らしいところだと思います。ただ、理想的なことだけで移住を決めるのは失敗の危険性があるため、移住後の仕事や平戸市の補助、空き家バンクの情報など、今後は現実的なことも考えてみたいと思います。

また、平戸市はあくまでも移住先の候補の1つであり、これからも移住先を探していきます。

タイトルとURLをコピーしました